アラサー医師。不動産投資を初めて2年半。ようやく念願の2棟目のアパートを購入し、家賃収入はおよそ1000万/年。実践と考察について。

R3年度調整時期

 
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして。地方勤務医のt-nakaです。アラサーで助教として診療だけではなく、研究・教育に携わっています。 H28年5月に一棟アパートを購入してから本格的に不動産投資開始。個人事業主として、自ら青色申告を行っております。備忘録代わりのブログです。 R2年12月時点での所有物件は以下通りです。 貸家;築 H20年 3LDK 駐車場2台 家賃 130000円/月 アパート① 築H3年 3DK×8、駐車場各1台  平均家賃52,000円/月 H28年5月購入 アパート② 築H8年 2K×6、駐車場各1台  平均家賃50,000円/月 H30年8月購入

こんにちは!t-nakaです。この時期は毎年のことながら調整時期になります。

R2年度調整時期

まずはプライベートなところからですが、ふるさと納税がどこまでできるかの確認です。おおまかに大学+平日バイトで1500-1600万、当直系バイトで600-700万くらい、いろいろ控除に入れているところもありますので、55万くらいにしておきます。

そして不動産に関してですが、来年でアパート②の木造部の減価償却部も終了し、再来年でアパート①の減価償却部も終了します。そうなると、減価償却費の一部が2021年:250万⇒2022年:210万⇒2023年:40万⇒2024年:0になります。なので、基本的にはできるものは資産計上して、経費算入を後に後にとしていました。ですが、このままでいくと2023年のデットクロスは避けられそうにありません。車を購入し、家事按分し経費算入したところでたかが知れていますし、物件を増やすか、減らすか、何らかのアクションをとらないとな~。医師の給与に上乗せ分になりますので、もちろん税率は所得税+住民税で43%!

とりあえず、初期の物件の減価償却期間が終了しデットクロスに突入し、利益をしっかり上げられれば、ようやく不動産投資家として中級者といったところでしょうか。ここで初級者のまま不動産から退場するか、中級車としての道を歩めるか、ここ数年は不動産投資をするものとしての調整時期といったところでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして。地方勤務医のt-nakaです。アラサーで助教として診療だけではなく、研究・教育に携わっています。 H28年5月に一棟アパートを購入してから本格的に不動産投資開始。個人事業主として、自ら青色申告を行っております。備忘録代わりのブログです。 R2年12月時点での所有物件は以下通りです。 貸家;築 H20年 3LDK 駐車場2台 家賃 130000円/月 アパート① 築H3年 3DK×8、駐車場各1台  平均家賃52,000円/月 H28年5月購入 アパート② 築H8年 2K×6、駐車場各1台  平均家賃50,000円/月 H30年8月購入

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 地方勤務医の不動産投資ブログ , 2021 All Rights Reserved.