アラサー医師。不動産投資を初めて2年半。ようやく念願の2棟目のアパートを購入し、家賃収入はおよそ1000万/年。実践と考察について。

R3 決算:前半

2021/12/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして。地方勤務医のt-nakaです。アラサーで助教として診療だけではなく、研究・教育に携わっています。 H28年5月に一棟アパートを購入してから本格的に不動産投資開始。個人事業主として、自ら青色申告を行っております。備忘録代わりのブログです。 R2年12月時点での所有物件は以下通りです。 貸家;築 H20年 3LDK 駐車場2台 家賃 130000円/月 アパート① 築H3年 3DK×8、駐車場各1台  平均家賃52,000円/月 H28年5月購入 アパート② 築H8年 2K×6、駐車場各1台  平均家賃50,000円/月 H30年8月購入

こんにちは!t-nakaです。年末年始に車で家族旅行に行こうとしていましたが、まさかのオイル漏れ…。部品の調達も滞っている影響か修理は年明けから。車高などに関わるもので走れなくはないのですが、乗り心地は悪くなるし、無理して他の部分が壊れてしまうので、レンタカーを借りることに。直前なので、なかなか家族用のいい感じのミニバンはなくあったとしても割引もほとんどなかったのですが、福利厚生の会員券で30%offになりました。マジで助かった。〇ッポ〇レンタカーを割引値段なしで自腹とか、このコロナ禍でアホがやることですからね…。今後も直前で割引ができるなら、レンタカー意外と使えるかもしれない。

さて、話はそれましたが、だいたいの決算の結果が出ましたので、ご報告になります。以下に昨年度のものを。

 

R2決算

【損益計算書】

<収入>970万:家賃950万、残りは礼金や更新料など いままでで一番よかったかもしれません。昨年より100万以上up!

<必要経費>850万:減価償却415万、修繕費15万、利子120万、管理費65万(入居付けの広告料など込み)、固定資産税45万、共用部など85万、福利厚生費70万、その他もろもろ

他に専従者給与約120万ですので、決算としてはほぼ±0、今年も青色申告控除分は使わずに終わりそうです。。今年は修繕費や即時償却に回さず、資産計上してなるべく後に経費計上できるようにしました。アパート②の外装工事や共用部の廊下補修で90万ほど、さらに修繕で70万ほど資産計上しました。収入が多かったので修繕などに多く回せた年かなと思います。事業借は専従者給与とトントンなので、実際のキャッシュフローとしてはいまいちなのは否めません。中退共の掛け金くらいは貯めることができる程度でしょうか…。所詮素人大家、なかなかお金は増えませんね…。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして。地方勤務医のt-nakaです。アラサーで助教として診療だけではなく、研究・教育に携わっています。 H28年5月に一棟アパートを購入してから本格的に不動産投資開始。個人事業主として、自ら青色申告を行っております。備忘録代わりのブログです。 R2年12月時点での所有物件は以下通りです。 貸家;築 H20年 3LDK 駐車場2台 家賃 130000円/月 アパート① 築H3年 3DK×8、駐車場各1台  平均家賃52,000円/月 H28年5月購入 アパート② 築H8年 2K×6、駐車場各1台  平均家賃50,000円/月 H30年8月購入

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 地方勤務医の不動産投資ブログ , 2021 All Rights Reserved.