アラサー医師。不動産投資を初めて2年半。ようやく念願の2棟目のアパートを購入し、家賃収入はおよそ1000万/年。実践と考察について。

11月の動き

2021/11/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして。地方勤務医のt-nakaです。アラサーで助教として診療だけではなく、研究・教育に携わっています。 H28年5月に一棟アパートを購入してから本格的に不動産投資開始。個人事業主として、自ら青色申告を行っております。備忘録代わりのブログです。 R2年12月時点での所有物件は以下通りです。 貸家;築 H20年 3LDK 駐車場2台 家賃 130000円/月 アパート① 築H3年 3DK×8、駐車場各1台  平均家賃52,000円/月 H28年5月購入 アパート② 築H8年 2K×6、駐車場各1台  平均家賃50,000円/月 H30年8月購入

 こんにちは!t-nakaです。コロナももうそろそろ2年たちますね。いまだに世界は沈静化には至りませんし、アジアでも韓国やベトナムはこれからピークにというところですし、シンガポールやタイなんかはピークアウトしたが、インドや日本のように激減とまではいかず…、何が異なるのでしょうかね?ワクチン?人種差?マスクなどの文化の差?いずれにせよ、中国みたいな強権政治ではない国で耐えている日本は全体でみれば、なんだかんだ優秀なのかな~。昔から言われているように自然災害が多いのでこういった事象も慣れているのかもしれませんね。

 さて、アパート①を売ろうかなとか話していましたが、そういうことを思っているからか、12月にアパート①でもう一室退去の連絡が入りました。悲しい…。こうなれば、家賃を下げても埋める方向に行くしかありませんね~、大切に使ってくれて、属性がいい人が入ってくれれば安くてもいいんですけどね。年度末は勝負になるかもしれません。

 原油高、物流の混乱、ワクチン開発後も先が見えないコロナ禍、米国をけん引してきたハイテク株も一旦売りに転じているようです。株価も下がるとそこに投資している資産も目減りしていきますし、賃貸業も黄色信号…、自分の中で、いよいよ7匹の痩せた牛のターンかもしれません。要注意時期ですね…。そもそもコロナ禍からの回復を期待して株価が爆上がりしていたわけですが、こうだらだらと続くようだと調整の局面になるのでしょうかね?

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして。地方勤務医のt-nakaです。アラサーで助教として診療だけではなく、研究・教育に携わっています。 H28年5月に一棟アパートを購入してから本格的に不動産投資開始。個人事業主として、自ら青色申告を行っております。備忘録代わりのブログです。 R2年12月時点での所有物件は以下通りです。 貸家;築 H20年 3LDK 駐車場2台 家賃 130000円/月 アパート① 築H3年 3DK×8、駐車場各1台  平均家賃52,000円/月 H28年5月購入 アパート② 築H8年 2K×6、駐車場各1台  平均家賃50,000円/月 H30年8月購入

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 地方勤務医の不動産投資ブログ , 2021 All Rights Reserved.