アラサー医師。不動産投資を初めて2年半。ようやく念願の2棟目のアパートを購入し、家賃収入はおよそ1000万/年。実践と考察について。

R2年本業収入 part3

2021/02/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして。地方勤務医のt-nakaです。アラサーで助教として診療だけではなく、研究・教育に携わっています。 H28年5月に一棟アパートを購入してから本格的に不動産投資開始。個人事業主として、自ら青色申告を行っております。備忘録代わりのブログです。 R2年12月時点での所有物件は以下通りです。 貸家;築 H20年 3LDK 駐車場2台 家賃 130000円/月 アパート① 築H3年 3DK×8、駐車場各1台  平均家賃52,000円/月 H28年5月購入 アパート② 築H8年 2K×6、駐車場各1台  平均家賃50,000円/月 H30年8月購入

こんにちは。t-nakaです。それでは以下の続きです。

R2年本業収入 part2

ということで、医療者への補助金20万を含めて2000万円overになりました。。

医局からの平日バイトは労働時間という観点であれば、2.5万円/hr以上ですが、地方大学あるあるの移動時間=労働時間(=待機時間)な感じなので、半分は移動で拘束時間を考えると1.5万円/hrに届かないくらいですかね…。当直はやはり5千弱/hrで救外対応の場合は+5千強/hrな感じです。平日日中の給与+大学の拘束番としては1300万、平日当直200万、金夜~土、土日祝日日当直で500万な感じです。当直バイトがないと、やっぱりそんなに高くありません。まあ、平日夜間の呼び出しもないし、救急外来の対応もほとんどないので妥当といえば妥当かもしれません。

少しおまけがありますが、目標の2000万には届いたことにしておきます。昨年より150万くらいupでしたが、外勤関係は横ばい大学病院の時間外などのプラス分や非正規→正規になったときに給与がだぶって1ヶ月分余分にもらえたことが影響しているのかと思います。仕事量的には今が持続可能な範囲でこれ以上増やすのは得策ではないですし、バイトを減らすにはまだ若いかなと思っていますから、せめて35か40になるまではもう少し頑張ろうかと思います。仕事を減らすことになれてしまうとまた戻すのは大変ですからね、運動と一緒で。ちなみに、もちろん正規雇用なので、以上のことは全部届けており、上司の目には触れております。公務員や準公務員で届出をしていないと最悪ニュースになったりしてしまいますからね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして。地方勤務医のt-nakaです。アラサーで助教として診療だけではなく、研究・教育に携わっています。 H28年5月に一棟アパートを購入してから本格的に不動産投資開始。個人事業主として、自ら青色申告を行っております。備忘録代わりのブログです。 R2年12月時点での所有物件は以下通りです。 貸家;築 H20年 3LDK 駐車場2台 家賃 130000円/月 アパート① 築H3年 3DK×8、駐車場各1台  平均家賃52,000円/月 H28年5月購入 アパート② 築H8年 2K×6、駐車場各1台  平均家賃50,000円/月 H30年8月購入

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 地方勤務医の不動産投資ブログ , 2021 All Rights Reserved.