アラサー医師。不動産投資を初めて2年半。ようやく念願の2棟目のアパートを購入し、家賃収入はおよそ1000万/年。実践と考察について。

当直バイトあれこれ⑤:当直終了の知らせ(涙) part 2

 
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして。地方勤務医のt-nakaです。アラサーで助教として診療だけではなく、研究・教育に携わっています。 H28年5月に一棟アパートを購入してから本格的に不動産投資開始。個人事業主として、自ら青色申告を行っております。備忘録代わりのブログです。 R2年12月時点での所有物件は以下通りです。 貸家;築 H20年 3LDK 駐車場2台 家賃 130000円/月 アパート① 築H3年 3DK×8、駐車場各1台  平均家賃52,000円/月 H28年5月購入 アパート② 築H8年 2K×6、駐車場各1台  平均家賃50,000円/月 H30年8月購入

こんにちは!t-nakaです。さてpart1の続きです。

当直バイトあれこれ⑤:当直終了の知らせ(涙) part 1

いろいろ見直してみましたが、total額面で1400万くらい稼がせてもらいました。税引き後ですと900万弱くらいでしょうか。給料低い頃からおせわになっていたので、名残惜しい気持ちがあります。ただデメリットとしては、GWや年末年始などの長期休暇の日もサポートする必要があったことです。上の子が小学生になり、長期休暇の足かせになったのは事実ですが、ちょうどコロナで海外旅行や長期旅行はなくなり、近場だけになっていたのでそれはそれでよかったのかもしれません。コロナも落ち着き、phaseを変えようと思っていたのでちょうどよかったのかもしれませんが、このままでいくと来年度はおそらく給与減になり、給与右肩上がりの終焉を迎えそうです。専門医や学位取得などの自己投資をしつつ、給与も右肩上がり、学会にもいろいろ行ってイケイケだった時代が終わり、医師としての最初1/4が終わり、次の2/4という感じでしょうか。

最大の資産がまだまだ己の身体なので、自己の成長よりも健康管理が最優先で、まだ管理職とまではいきませんので、学生や後輩など教育、子供の教育など、自分の成長よりも他の人の成長に時間を割く感じになりそうです。可能であればまだまだ自分自身で成長もしたいのですが、ここから先は道標がないのでなかなか難しいところではありますし、努力したからといって報われる領域ではないので…

 

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして。地方勤務医のt-nakaです。アラサーで助教として診療だけではなく、研究・教育に携わっています。 H28年5月に一棟アパートを購入してから本格的に不動産投資開始。個人事業主として、自ら青色申告を行っております。備忘録代わりのブログです。 R2年12月時点での所有物件は以下通りです。 貸家;築 H20年 3LDK 駐車場2台 家賃 130000円/月 アパート① 築H3年 3DK×8、駐車場各1台  平均家賃52,000円/月 H28年5月購入 アパート② 築H8年 2K×6、駐車場各1台  平均家賃50,000円/月 H30年8月購入

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 地方勤務医の不動産投資ブログ , 2021 All Rights Reserved.