アラサー医師。不動産投資を初めて2年半。ようやく念願の2棟目のアパートを購入し、家賃収入はおよそ1000万/年。実践と考察について。

修繕費について 17年と18年の現実

2019/10/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
t-naka
はじめまして。地方勤務医のt-nakaです。アラサーで助教として診療だけではなく、研究・教育に携わっています。 H28年5月に一棟アパートを購入してから本格的に不動産投資開始。個人事業主として、自ら青色申告を行っております。備忘録代わりのブログです。 R2年12月時点での所有物件は以下通りです。 貸家;築 H20年 3LDK 駐車場2台 家賃 130000円/月 アパート① 築H3年 3DK×8、駐車場各1台  平均家賃52,000円/月 H28年5月購入 アパート② 築H8年 2K×6、駐車場各1台  平均家賃50,000円/月 H30年8月購入

 前回の話の続きです。今回は実際にかかった費用を振り返ってみます。

修繕費について

 では、資産計上や修繕費などの項目ではなく、実際にかかった費用(敷金での分は除いて)です。

 2017年

退去時原状回復 約28万、入居時修繕、5万 枝の剪定 4万

 2018年

換気扇レンジフード 6万、網戸張替や蟻防虫代3万、エアコン2台 12万×2、換気扇3万、退去時修繕:55万 給湯器の交換(追い炊きありに)や風呂釜の修理、ウォシュレットやエアコンなどなど

だいたい上記のような感じです。ほか、こまごまとしたのは省略しています。昨年はかなりかかっていますが、主にアパート①と貸家のみでのです。入居がついていたからよかったものの、ついていなかったら持ち出しになっていたところです。修繕は馬鹿になりませんが、修繕をすればまだ入居者(30前後のカップルがメイン)がつくので、外観は古いですが、内装はしっかりとメンテナンスをしていきたいと考えています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
t-naka
はじめまして。地方勤務医のt-nakaです。アラサーで助教として診療だけではなく、研究・教育に携わっています。 H28年5月に一棟アパートを購入してから本格的に不動産投資開始。個人事業主として、自ら青色申告を行っております。備忘録代わりのブログです。 R2年12月時点での所有物件は以下通りです。 貸家;築 H20年 3LDK 駐車場2台 家賃 130000円/月 アパート① 築H3年 3DK×8、駐車場各1台  平均家賃52,000円/月 H28年5月購入 アパート② 築H8年 2K×6、駐車場各1台  平均家賃50,000円/月 H30年8月購入

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 地方勤務医の不動産投資ブログ , 2019 All Rights Reserved.