アラサー医師。不動産投資を初めて2年半。ようやく念願の2棟目のアパートを購入し、家賃収入はおよそ1000万/年。実践と考察について。

久しぶりの買付~融資相談 partⅡ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
t-naka
はじめまして。地方勤務医のt-nakaです。アラサーで助教として診療だけではなく、研究・教育に携わっています。 H28年5月に一棟アパートを購入してから本格的に不動産投資開始。個人事業主として、自ら青色申告を行っております。備忘録代わりのブログです。 R2年12月時点での所有物件は以下通りです。 貸家;築 H20年 3LDK 駐車場2台 家賃 130000円/月 アパート① 築H3年 3DK×8、駐車場各1台  平均家賃52,000円/月 H28年5月購入 アパート② 築H8年 2K×6、駐車場各1台  平均家賃50,000円/月 H30年8月購入

 こんにちは。t-nakaです。下記の記事でお伝えしましたように、ダメでだったダメージは少し回復してきたところです。

久しぶりの買付~融資相談 part1 | 地方勤務医の不動産投資ブログ (t-naka222.com)

 今回の経験で現在の自分の選択できる幅が改めてわかりました。まず、2000万円以下の融資であれば門前払いではなく、審査までいくこと。いくら地方都市とはいえ1000万チョイ越えくらいの物件であれば現金一括購入者がいること。ネット上に出る物件は掲載日初日もしくは翌日までに買付証明等が必要なこと。以上より取るべき行動としては、引き続き債務を返済・キャッシュの増加、1000万~2000万程度の物件であれば融資を前向きにできそうとのことで、不動産会社に事前に声をかけておくといったところでしょうか。ただ、やはり3000万~5000万円規模が自分の勝負ゾーンだと思いますので、それまでじっと待ち続けなくてですね。株式等は買いたい病になったとしても、自分の判断でいろいろ買うことができると思いますが、不動産投資は買いたい病になっても割の合わない物件は買わず、ひたすら時を来るのを待つのがポイントです。不動産がないといって知らない土地で顔の知らない管理会社担当者、修繕の前後も自分で確認できない物件は自分は買いません。あくまで自分は不動産賃貸業の個人事業主のスタンスですから。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
t-naka
はじめまして。地方勤務医のt-nakaです。アラサーで助教として診療だけではなく、研究・教育に携わっています。 H28年5月に一棟アパートを購入してから本格的に不動産投資開始。個人事業主として、自ら青色申告を行っております。備忘録代わりのブログです。 R2年12月時点での所有物件は以下通りです。 貸家;築 H20年 3LDK 駐車場2台 家賃 130000円/月 アパート① 築H3年 3DK×8、駐車場各1台  平均家賃52,000円/月 H28年5月購入 アパート② 築H8年 2K×6、駐車場各1台  平均家賃50,000円/月 H30年8月購入

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 地方勤務医の不動産投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.