アラサー医師。不動産投資を初めて2年半。ようやく念願の2棟目のアパートを購入し、家賃収入はおよそ1000万/年。実践と考察について。

コロナの影響

 
この記事を書いている人 - WRITER -
t-naka
はじめまして。地方勤務医のt-nakaです。 不動産投資を本格的に初めて2年半、記録と記憶を残しておこうと思いブログをはじめました。H30年8月時点での所有物件は以下通りです。 貸家;築 H20年 3LDK 駐車場2台 家賃 130000円/月 アパート① 築H3年 3DK×8、駐車場各1台  平均家賃52,000円/月 H28年5月購入 アパート② 築H8年 2K×6、駐車場各1台  平均家賃50,000円/月 H30年8月購入予定

 こんにちは、t-nakaです。コロナの影響が仕事にも不動産にも出てきました。

 まずは不動産ですが、一部報道にもありましたように建築関連の部材が不足しているみたいです、もちろん自分のところも例外ではありません。とりあえず3月退室分は何とかなりそうですが、今後やれ修理だ、退室の修繕だとなるといろいろと大変かもしれません。

 また、当大学病院も感染症病床はありませんが、不要不急の検査や手術は数か月以降に先送りになってきています。おそらく病院全体の収入にも影響してくるでしょう。ポリクリも延期になり、仕事としては楽になっている印象ですが、コロナに備えている状況であり、このまま何もないことを祈るばかりです。

 

 3月/4月はちょうど人が動く時期でGWあたりまでどれくらいになっているのか興味があるところです。3月下旬くらいまで少し感染が落ち着いてきたかなと思っていたら、都市部から地方への人の動きの感染でまた増えてます。しかも、地方の世帯人数は多いから家族内クラスターです。都市封鎖は地方都市に住むものとしては大歓迎です、まだまだ感染経路を追える人がほとんどですからね。結局のところ都市部に集中しすぎで、強制力がない以上はデメリット>メリットなのかな。個人的には旅行等もどこにも行けないので安全性の高い寝当直病院でキャッシュをためて、次の投資に備えますか。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
t-naka
はじめまして。地方勤務医のt-nakaです。 不動産投資を本格的に初めて2年半、記録と記憶を残しておこうと思いブログをはじめました。H30年8月時点での所有物件は以下通りです。 貸家;築 H20年 3LDK 駐車場2台 家賃 130000円/月 アパート① 築H3年 3DK×8、駐車場各1台  平均家賃52,000円/月 H28年5月購入 アパート② 築H8年 2K×6、駐車場各1台  平均家賃50,000円/月 H30年8月購入予定

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 地方勤務医の不動産投資ブログ , 2020 All Rights Reserved.